「ノンアダルト」は本当にアダルト行為なし?

50代,初心者,アフィリエイト,副業,アフィリエイター

 

「ノンアダルト」と謳っているサイトでアダルト行為をする必要はないので求められても断固としてお断りする権利があります
それでもアダルト行為を強要してくる悪質な男性客に遭遇した時は運営に通報したりブロックすることも出来ます。
工夫によっては「アダルト」より稼ぐのも可能な「ノンアダルト」です。
ただし、それは並大抵ではないと思います。

 

「ノンアダルト」の場合のパーティーショットはパフォーマンス的な要素の演出でもしないと「アダルト」よりは離脱率がどうしてもはるかに高いからです。
チャットレディで大きく稼ぐには「ノンアダルト」「アダルト」に関わらずパーティーショットで多くのお客様を集客し、そのお客様達に出来るだけ長く滞在してもらう事です。そのためには訪問してくれるお客様を飽きさせないのが基本ですが、とてもじゃないけど受け身のお話しだけでは場がもちません。

 

誰でも過去に1度や2度は複数の人達の前で「自己紹介」をしないといけないような場面があったと思います。
そんな時「持ち時間2分間でお願いします」とか言われたらどうでしょう?
そういう時の2分間の長さはハンパないですよね。

私ならしどろもどろで早口になって挙動不審になってしまい30秒の尺がいいところではないかと思います。
それと初対面の人と二人きりの空間になってしまった時の気まずさもそうです。
私はあの時間も苦手なんです。
そんな時間を1時間も乗り切るには気まずい空気を打破できるメンタルを持っている方じゃないと中々長続きは難しそうです。
それでも、お客様は誰かとお話しがしたくてサイトを訪問してくるのは確かなのですから、人とコミュニケーションするのが好きな方はコツを掴めばいい感じにファンもついてくると思います。
ファンが一定数つけば、こんなに高報酬のお仕事が中々ないのは間違いありません。
ただ相手は男性のお客様です。
「ノンアダルト」でも下ネタを振られることはどうしても少なくありません
上手く話しを逸らせる会話のテクニックを身につけたり慣れて耐性がつくと平気になる方もいますが、性格的に拒否反応が出る人にはどうしてもキツイ仕事になるので長期的に続ける事は難しいと思います。


TOPへ