55歳から副業の理由

50代の副業,健康寿命,サイドビジネス,癌

 

55歳を超えて

ふと気づいたら「アラフィフ」通り越して「アラ還」に近づいていました。
なんとなく思ってたんですよね。
このまま歳を重ねて定年まで完走した頃には住宅ローンからはなんとか解放されているし老後は細々と贅沢さえしなければ暮らしていけるのかなぁとぼんやり思っていました。
深く意識することもなく私の人生はそんなもんかなと。

 

でも、ここ最近はいろいろあって考え出しました。
定年まで、はたして今のスタンスで私は働いていけるのか?
私の会社の定年は65歳だから残り10年です。微妙な年数ですよね。
あっという間な気もします。
でも何年後かには厄介な病気になっていてもおかしくない年頃になってきているのも事実です。
私の同年代の芸能人の堀ちえみさんや磯野貴理子さんがどちらも若くにご病気が発覚されて公表されていました。
私も明日は我が身になるやもしれません。

 

父親の闘病で思った事

ちょっと話しがそれますが、昨年、私の父が82歳で亡くなりました。
10年間のがん闘病生活の末でした。

 

10年前にS状結腸がんを宣告された時には既に「ステージ3」と診断されたので生存率を考えれば10年は納得の年数なのかもしれません。
父は緩和ケア病棟に入院してからはもはや自分の力では上体を起こす事も難しく、病室のベッドの中でひたすら天井の一点をまばたきしながら見つめて過ごしました。亡くなる数日前、その時も父は天井の一点を見つめながら独り言のように小さく呟やきました。
「お父さん、よう頑張ったわ。」と。
私も父はよく頑張ったと思います。
でも、この10年間は父にとってはやっぱり「ままならない」10年間だったと思います。

 

最初の手術はリンパ節ごと大腸を切除する7時間の大手術でした。その後は抗がん剤の投与で副作用に随分悩まされていました。
それから3年後に肝臓に転移して再び手術し、そのまた3年後に肺に転移しました。
その間、父親は病院から指示される通りの定期健診にずっと通っていました。
定期的に検査を続けて3年もなにも悪いところが発見されないと、ひょっとしてこのままやり過ごす事に成功して、の転移を恐れる気持ちから解放されるんじゃないかと本人はそう思いかけたと思います。
娘の私もそう思いましたから。
でも、そう思いかけた頃を見計らったようにいつも癌の転移はやってきたのです。

 

父の闘病生活をふりかえってみて思いはじめたんです。
自分の思い通りに、精力的に動ける年数が自分の人生にはあのどれ程の時間があるのかという事を。
弱音を吐かなかった父親でしたが、晩年は行きたい所や、したい事も身体の不自由を感じて億劫になってしまったのではないかなと想像します。
それは
「ハワイのワイキキビーチに行きたい!」
「ベガスのカジノで豪遊したい!」
みたいなだいそれた願いとかじゃなくて例えば
「近所に新しく出来たカフェに朝のモーニングを食べに行きたい」
「新モデルのフリースを駅チカのユニクロに買いに行きたい」
私達が日常生活の中で思うほんのささいな事すら果たせない、自由がきかなくなる「ままならない」時がいずれはみんな平等にやってくるという現実を父を見て感じました。

健康年齢のタイムリミットはあとどれくらい?

最近ではよく「平均寿命が長くなっても健康年齢が長くないとね。」と聞きます。
本当にその通りと思います。さらに考えると精力的に自分の意思で動ける活発な躍動年齢はさらに短いのです。
健康年齢の計算なんて人それぞれだからナンセンスかもしれないけど55歳の私にはその時間は確実に少なくなっているのは間違いのない事実です。
そんな事をあれこれ考えていたら「私にはどれくらいの時間があるんだろう」と焦りに近い思いが芽生えてきました。
このままぼんやりと定年まで迎えてしまうのが罪な事のようにまで思えてきました。
なんだか大げさですが、要するに老後の生活が不安なのです。

 

ある日突然会社が倒産したり(仮ですよー!長年お世話になっています。仮でも倒産とかゴメンナサイ)
社長から「新入社員が育ったから若返りするわ、お疲れー」と肩たたきされたり(ナイですナイです。なぜなら私の会社はブラックでもオフホワイトでもなくてマッシロだから!)
会社の定年まで頑張って勤め上げたというのに年金がまだまだ貰えない世の中になったりしても(コレが一番有り得ますね)細々でもいいから自立していける術を今から探しておきたいのです。

50代の副業,健康寿命,サイドビジネス,癌

気付くのが遅いですね。ノー天気そのものです。
いやいや、待って。遅くなんてないかもしれない。
鳥並みの脳みそでも、その気になったら出来る事もあるかもしれない。
小学生の時から「やれば出来る子」と言われていました!
やる気になった事は残念ながらなかったけれど
そうだ、私、サイドビジネス!
副業してみよう!!!!
やっとサイドビジネスの発想まで来ました笑笑。

 

さてさて、サイドビジネスを始めようという事は決まったんだけれど
いったい何をしますか?
てか私に何が出来ますか????

 

 

ここからめんま、更に悩みますよー。


TOPへ